スポンサーサイト

  • 2017.08.06 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク

links タカユキでfbへアクセス♪

  • 2017.08.06 Sunday
  • 13:11

JUGEMテーマ:音楽





長い事ブログは更新無しですがfbの方は画像満載にYouTubeやら休日
の出来事やら、日々の出来事やらを毎日のように更新しています♪

7月は都城の毎週土曜日の「まちおん」へ出かけて演奏したり、先日
は湧水町の「そうめん流し」に行ったり、と毎度のようにバタバタと
やっております。ブログのリンクの「タカユキ」をクリックするとfb
の方へ行ける?と思いますが、どうかなあ・・・



僕が住んでる鹿児島北部の村は今回の台風は何とかやり過ごせそうです。
「マイナーの神様」と自分では呼んでいた平尾氏が亡くなってだいぶ経
ちました…小柳のこの歌はサビがメジャーに変わる所が好きでした♪



中2だったと思いますが、阿久さんの衝撃的な歌詞に驚きました〜今年は
十周忌らしく特集番組も多いです。あれは八月暑い夜 すねて十九をこえ
た頃 細いナイフを光らせて 憎い男を待っていた・・・



彼の「暖簾」も好きですが、偶然見つけた「酒場シリーズ」?みたいな
名前のアルバムの一曲。最近のお気に入りです♪暖簾があってカウンター
席の店って、20代初めまでしか行ってないですけれども。猛暑の真っただ
中ですが皆さん、お身体の方、いたわりくださいませ。

我、故郷へ帰る〜帰路は紫尾温泉に立ち寄って。

  • 2017.05.17 Wednesday
  • 22:14

JUGEMテーマ:お出かけ





だいぶ間が空いてしまった最終章…溜まっていたVTRを見ていて〜
「邪馬台国」か〜まったくなあ。好きだよなあこのネタ。きっちり
「魏志倭人伝」とか言ってるし。そういう文献はありません!何だ
なあ、これ言い出すと複雑。小説、漫画とか映画とかの史実30%
くらいの「三国志演義」は別にして、「正史三國志」からだけど、
これも「正史」と言っても別に真実であるとは限らない。国の成り
立ちを編纂したものなので、編纂時の権力関係やらも絡むと思う…

「魏」「呉」「蜀」の三国が大陸の覇権を争った史実が各国の歴史
書にあって、それを編纂したのが「三國志」という事になるとは思
うけど、毎度の事ながら専門家ではないので悪しからず〜で、この
「魏」の国の「魏書」の中の第30巻「烏丸鮮卑東夷伝倭人条」の略
称と言われてるが、どんな略し方なんだ?(笑)そこに「倭国」の
記述があり、入れ墨していたとか宗教的風習やら衣類の質。人種の
性格とか〜2000文字くらいの記述で、当時は30くらいの国があって
その中のひとつに「邪馬台国」という名で出てくる。朝鮮半島から
近い順に位置と到達日数〜半島に近い所は合致するが「邪馬台国」
への道程を文字通りに解釈すると、本土外になってしまったりして
やれ近畿だ北九州だ。ついでに四国だ!って証拠品のブツが出てこ
ないので未だに「位置」が謎。ついでに「卑弥呼」が名前だったのか
「官位名」だったのかも不明。ついでに当時の大陸の地図は適当
で、現在の日本地図には遥かに遠い・・・

それから、正史ともいえる「日本書紀」も絡んで来るだろうから〜
ほんのとっかかりだけでもこれだからな。ついでに「やまたいこく」
と発音し出したのは江戸時代で、それまでは「やまとこく」だった。
国学者の誰だったか忘れたが、知人の中国語(どの地方だったやら)
に詳しい御仁が「やまたいこく」と発音する。と言ってからだから、
とっかっかりも何も〜2000文字を現代感覚で解釈しても、と言う事
になるし、謎が謎を呼ぶのでミステリーなのか「東夷伝倭人条」そ
のものがどうなのかという話にもなる〜とっかかりも終わらない…









串木野で帰る途中の温泉だったら紫尾が良い。宮之城から10数
分で着くとか言ったので、スマホのナビ稼動させて〜距離はあった
が車も無く、信号も無くて、案外すんなりと着いて、最初に目に
入った「ちどり荘」へ車を入れたのでした。

時間帯なのか車も停まっていなかった。へえ〜懐かしい感じの建
物だなあ。二階は宿泊部屋なんだろうなあ?と見上げたりして初
めて来たので「すいませ〜ん。こんにちは〜」<は〜い>女将さ
んが出て来たのでかくかくしかじか、ついでに帰り道の質問。ナ
ビだと遠回りになるかもしれんし…「有難うございました。じゃあ
早速入らせてもらいますから〜」と浴場の方へ・・・







「おっ!貸し切りじゃん♪」内引き戸を開けた途端に硫黄の匂い。
良いぞこれ〜桶で湯をすくって感触を…本当だ!弟の言った通り
のぬめり感と言うかまとわりつく感じ。例えが悪いなあ〜でもな
あ、しっとりじゃないし。湯が皮膚にまとわりつく感じ。これだ
けの粘着感って今までどこかの湯であったかなあ?と思い出そう
うとするが出てこなかった。

流れ出す温泉のタイルの上に直に尻を落として、そこで簡単に身
体を洗って、ゆったりと湯船の中へ〜排出口あたりが、どこも一
番温度が高いが、そう高い感じでもなかった。44℃くらいだろう
か?岩の段にコップが置いてあったので、数杯口にして飲んだ…

家人も以前から紫尾とか言ってたから、こんな感じだったぞと話
て連れて来ないといけないかなあ…向こうからだと鶴田から広域
農道からが近距離だろうなあと帰り道の車の中で〜田舎道なので
距離はあるが時間的には早いかな?紫尾から40分弱で帰宅した。



バッグからいろんな物出して、こいつは冷蔵庫だな?これは洗濯
物でこっちのビニールが私物で、温泉道具はこっちで〜帰ったら
帰ったでスクエアになるまで少々時間がかかる。やっと一通り済
んで少し横になっていたら家人が帰って来た・・・

「早かったね。夕飯は?」<腹減ってないなあ。朝市来のJフル
で昼がさのさ荘で〜軍艦に乗ったら機関銃があった>「え〜来
てたの軍艦が?」<イベントの一部だったかなあ?まゆみは愛
人になったわ>「何それ?」<いや、あれこれ何やかんやで〜>

その夜は20時くらいのギネスとお好み焼きになって、少しした
ら眠ってしまいました〜超スピードの一日と半分でした。久々
の潮風が一番良かったかなあ♪

我、故郷へ帰る〜十六条旭日旗は潮風に揺れ。

  • 2017.05.07 Sunday
  • 23:53

JUGEMテーマ:お出かけ





困った事にインダス文明時にすでに印章として使用されていた卍
の文字。吉祥を表す文字とされている。これが変化したのが十字
だろうと思うが、吉祥とくれば、宗教も絡むだろうし、北上したら
北ヨーロッパでも卍は紋章とかにも多く使われ、左右の向きはど
っちでも気分の問題と好きな絵顔だったんだと思う。インダス文
明の印章は両方存在する。文字の「本意」は永遠の謎だろう…

困った事は、シュリーマンの阿呆たれがインド・ヨーロッパ語族と
卐の関連を示したので、いつのまにかナチス党旗になってしま
い。大戦後の嫌悪感から世界各国の歴史ある全てから左卍も
右卐も消え去ってしまった。ユダヤ民族の巨大な力技だろうと思う…
その代わりに、四点にそれを結ぶ四線の不思議な図形は関連
する「十字架」だけが、世界制覇してしまった。大元は一緒だと
思うのだがなあ〜

黒十字だけは、何とか「十字架」絡みで曲線を少しいじって現在
もドイツ空軍の機体に輝いている。これだってナチス絡みだから
やめろとは誰も言わないから、歴史ってやつは時代の力関係を
盾に我が物顔で闊歩する生き物だという事がよくわかる・・・

地点が四つ。結べば線が四本〜それを倍々にしていけば〜〜













ランチが終わって父親を家で降ろして、妹と二人イベント会場
へ向かった。「昨日と同じくらい人多いなあ」<兄ちゃん保安部
の船が来てるよ、乗れるってさ〜でも順番待ちだ!>「俺は良
いや。乗らない〜そろそろ演歌のおねえさんが出る時間じゃな
いか?」

<そうねえ。小野ちゃんが何か喋ってるし>「何だよイントロ
始まったし。さすがに演歌だと椅子が足りないなあ…写真撮
ってこようっと〜」歌聞きながら場内を歩いているとメガホン
で「…新港に〜海上自衛隊〜掃海艇〜午後3時まで…」人が
多くてよく聞き取れなかったが〜「まゆみ!新港に掃海艇が
来てるってよ。3時まで…ないよ2時過ぎか。よし、行っど」
<行くが、行くが!>バタバタと駐車場の方へ・・・

<兄ちゃんそっちは遠回り!>「あれ?こっちじゃっどが」
<違うって〜>「…この公園はかもめ公園とか?」<そう
よ。かもめ公園!>「馬鹿か!初代のかもめ公園は漁協
の側の中村床屋の前じゃたどが」<あれ?だったよねえ。
そう言えば〜>そりゃ、そうだ半世紀近い大昔の話だし・・・











新港へは少し走らないといけない…五反田川に二か所の橋
がかかったのはいつ頃だったかなあ?いつのまにか塩田の
方からと平瀬の方からと架かった。砂浜の広い海岸線は遠
い記憶のまんまだ…妹の後をついて行ったが工場地帯に空
き地にと〜こいつ、しくじったな(笑)え〜っと船があそこだから
と後ろの僕がUターン。あとは感を頼りに初めて走る道を…
「近くで見ると恰好良いなあ?あの黄色のやつが潜るのか
なあ?人乗るのかなあ?〜こんにちは」<どうぞっ!!>

ガトリング砲かこれ?銃口が二か所?う〜んとか言いながら
周りを回ってみた。やっぱガトリング砲だよなあ〜幕末の戦争
でも、南北戦争でも、西部劇でも使われたやつ〜の現在形。
何だよ、ちゃんと説明板が〜20mm砲で450+-50/min かあ?
すごいかどうかは解らないが一分間に400〜500発飛び出る
訳だよな・・・

取りあえず目に見える銃器はこれだけだった…掃海艇だし。
きちんと護衛艦グループが付くだろうし。カール・ヴィンソン
一隻が日本海を行くわけじゃないし…空母艦隊だから原潜
に護衛艦に。戦闘機に〜ついでに衛星兵器に、その前には
ステルス機にドローンに…てな具合だろうと思う。専門家
じゃ無いのでただの想像だ。サードカントリーの日本から
の情報も貰えるかもしれんが、自分達は「エシュロン」やら
「ファイブ・アイズ」だしなあ〜困ったもんだ…











乗船客も多かった。渡しの前には撮影用に子供用の各種制服が
ハンガーにかけてあったりした…甲板で家族で写真撮影してい
たので妹が「全員のを撮りましょうか?」<お願いします〜>
「あのう、私達もお願い出来ますか?」<良いですよ、一回
200円ですから>ハハハ〜♪カップルは笑って貰えなかった。
「撮りましょうか?」<いえいえ、これ愛人だから画像とかが
UPされると一大事に〜>ハハハ〜♪♪

海上自衛隊 掃海艇「くろしま」は現在は鋼船だが次期船はFRP
(繊維強化プラスチック)だという。えっ?銃弾とかは?と訊く
と先端の尖った物で突くと穴が空くが面同士の衝突では鋼船
よりも強いという事だった。〜俺が乗ってる軽自動車みたいな
もんなんだろうなあ?とふと思った。

現在艇は情報伝達機能だけが有線で繋がっているだけで動力源
は蓄電だという話だった。活動可能時間は忘れてしまったけど。
で、次世代艇は電力も有線で配給されるので、二本のケーブル
を使って(見た目は太い一本かもしれないけれど)常時稼働可
で機雷処理が出来るという事になる。ついでに製造元を訊くと
日本製と言う事で「三菱ですか?」<はい。そうです>という
返事だった…輸出製品として可能が見込まれるとすぐ何でもか
んでも邪魔が入るしなあ〜国力弱いもんなあ・・・





いつだったか半島の何かの試合で旭日旗に火を点けたか破った
かした奴がいたなあ…本当!馬鹿か!旭日旗を国旗にしてる
国がいくつあると思ってるんだろうなあ〜旭日旗はどこの国で
もデザインは違えどもあるんだよ!古代からの太陽信仰が元
だとは思うが〜うちらは幕末から使ってるしGHQと共に決定
したのが戦後だから、言いがかりはアメ公と朝日に言え!っ
てなもんだ・・・

日章が中央寄りで光線が十六。現在の陸上は八。商船は当然
日章旗を掲げる。こうして見るとすがすがしい気持ちになるのは
人類の太陽信仰か太平洋戦争関連の映画のせいなのか
はわからんが、男子なのでやっぱり後者だよな。訳のわから
ん「道徳」の教科書が復活するんだっけ?教えに関わるもの
の道徳なら良いが、その時代の国家権力の「道徳」などは
どこの国でもコロコロ変わる。東ドイツ時の住民の5人に3人
は隣人をスパイしていた〜これも「道徳」の一種かもしれな
いし、戦時中の「隣り組」もその意味合いが強かったと思う。

日本政府がギャグか?という広報を出した。ミサイルが着弾
した時?の対処法…車のタイヤのパンク音でも反応して即座
に頭を抱えて地面に伏せてしまう生活もした事ないし、教育
もされてないのになあ〜平和ボケなんだろうな。建前の文書
一枚、何の役にも立たないし〜東シナ海風になびく旭日旗が
妙に寂しかった・・・

我、故郷へ帰る〜串木野。美園、木原墓地、松川商店、さのさランチ。

  • 2017.05.06 Saturday
  • 23:09

JUGEMテーマ:お出かけ





まったくなあ。以前UPしたと思ってた「国分シリーズ」をUPして
いなかったので、シリーズ最後がだいぶずれてのUPになった〜

明日は仏の大統領選だったと思うけど…四名の候補の誰もが50%
以上の表確保が無理だとわかっていたので上位二名が決まっての
決選投票で、反EUと残留、極右の国民戦線と中道左派〜ルペンと
マクロン。労働者と支配層の票取り込み合戦とくれば昨年の米国
を思い出す。世界経済は数字的には回復の兆しらしいが、国家が
出す数字なのでどうとでもなる。

仮にルペンに決まった時はその後が見えない。EUは現在26ヶ国く
らいの連合だが拠出金順位でドイツ、フランス、イタリアの順だ
ったと思う。英国は参加時より自国のポンドを通貨にしていたの
で離脱しても問題は無いが、フランスどうするんだ?という事に
なる…どこの国の企業も人件費絡みで自国より利益優先のつけ
が溜まったのか、世界的時流なのか・・・













…父親の所に寄ったら、吹上施設にいる姉の所へ行って来たと
言う。最近食欲が無いというのでまぐろを持っていったらしい。
夕飯は懇意にしてくれる人がみそ汁とか持ってきてくれたので
今夜はそれで良いらしかったので妹から連絡が来たので夕飯は
どこかで食べよう。もうすぐそっちに行くからと返した・・・

「兄ちゃん温泉に行くんだったら冠岳に行ってうどん食べたら
良いが」<馬鹿か!うどん食うかよ〜今朝からバタバタしてよ
ピザとパンしか食うちょらんから肉!なべしまに行っど>〜孝
兄ちゃん昔、隼人に寄った時、おっ!2万か安かったねえち言
うたのを覚えちょっがお。〜じゃったか?覚えちょらんどんね
え。ゆりかもおって5人か?あや中学生になったらタンを注文
しちょったでやねえ〜どら行っが・・・

妹夫婦と姪っ子の家族総勢6名の外食と相成って…どらおや
先に出っで、BOと美園に寄って、まぐろラーメンの具入りの
土産を買うからよ〜具入りの家庭用のやつは美園しか出して
いない。県内では山形屋と串木野の店舗だけ。通販サイトで
も自社と大手通販には山形屋のショップ名で出ている二食入
りで1000円。駐車場がいっぱいで通用口の横に車を停めた〜
以前も満杯で店長がここで良いと言ったので〜〜











翌朝7時頃起床。「おじちゃんさ、昨日、眠れん眠れんて音楽
かけてさあ。そのまま寝てるんだから」<なんだ、ゆき起きた
のか?早いな>「11時からバイトなの。それでね、私、準備に
2時間かかるのよ〜」<馬鹿か!!わや!>「だってさあ〜」
〜この人いつもそうなの。<じゃあ仕事も出来んなあ>「それ
が優秀なの♪」…ったく、何がなにやら〜<どれ墓に行って
こ。11時から、さのさでランチだからそれまでには帰ってくる
から>

久々に墓のフルコースも予定に入れておいたので市営の木原
墓地〜一番てっぺんまで行って、7墓すませて、また車で下段
まで下りて、どこから自分ちと親戚を6墓だったか〜1時間は
かからないけど移動を含めれば40分弱くらいは多分かかって
いると思う。さてと、朝食摂りに市来まで行くか〜昔は遮断機
が無かった神村学園前の綺麗になった踏切を渡って左折・・・





駐車場から見える「潮風園」を見ながら、ダイゴは元気に
してるかなあ?と吸ってた煙草を灰皿に入れて店内に入
って、こないだも座った喫煙コーナーの奥のソファへ座って
いつものやつを注文。画像の整理しながらSNSへ投稿し
たり、ニュース見たりしているとすぐに1時間は過ぎてしま
う・・・どれ、そろそろ行かないと〜また妹に電話がいって
るかもしれん…





帰ったら「父ちゃんから電話がきたよ!孝幸はまだじゃ
ろかいち」<まこて、時間には来っでち言うちゃったい
がねえ。どら行っが〜>「二台で行くの?」<うん。さの
さまでは一台で行って、父ちゃんを降ろして会場に行く
からよ。そこから帰っで…紫尾温泉に寄るからよ〜>

〜おう、来たっか。松川に電話をしたら持って来てくれ
たよ。持って帰れ。〜今日も、まぐろフェスティバルで
休みじゃろち思て寄らんかった。みつよが食うでや。山
んしは乾物しか昔は食うがでけんかったでやろな。ここ
んとがいっばんうまかち言うし、相模原に一度送ろうか
ち言うたけど、よそんしは喰わんかもしれんから確認し
てから送れち言うたっお。どら、そろそろ行こかい・・・











現在も存在する「国民宿舎」というものがある。まだ国に
銭がある時期に、地方公共団体(自治体)が旧厚生省
の厚生年金、国民年金から融資を受けて運営されてい
たもので、銭が余りすぎて、数十年先の事も考えずに
箱物いっぱい造ったりしていた古き悪しき時代の産物
で、融資の解除後は自治体独自か完全民営化で運営
されている。いちき串木野市が公営で運営しているもの
は、旧市来の「吹上荘」だけになってしまっている…

妹に訊いたら、「さのさ荘」は現在、福岡かどこかの
企業の運営だという。丁度、長崎鼻から帰る時に5月
下旬までランチを延長しましたという幟を見て、僕は
ビュッフェスタイルが好きなので来たところでした。
正式名称?は「シーサイドガーデンさのさ」です。

ソフトドリンクフリーで1200円だから普通価格です〜
並べてある料理の種類もいろいろです♪僕のプレート
はハチャメチャですが、エビの天ぷらは美味かった♪
妹のプレートもハチャメチャだが、お腹いっぱいにな
れば何でも良い。僕はワンプレートで足らずにカレー
にキッズ用のミニハンバーグ!あと珈琲を、2・3杯
飲んで、さてと帰ろうか?になったのでした。

さりげに国分から〜

  • 2017.05.06 Saturday
  • 06:03

JUGEMテーマ:お出かけ





さてと国分からに最終章…BGMは荒井の「SURF&SNOW」から
が多い。もう40年ちょい前のLPだが「恋人がサンタクロース」
のシングルカットされていない有名曲も入っている。演奏者
もこんだけ揃えば、現在でも、まったく古さを感じない・・・

発売元の東芝EMIは消滅して現在はユニバーサルミュージック
グループになっているらしい〜EMIは英国企業で東芝が協力関
係にあったので、日本で初めてCT(コンピュータ断層撮影)を
輸入、設置している。現在の価格だったら10億円くらいで勿論
国が何やかんやの名目の拠出金も出した…米国の原子力事業
やらの事を考えると、どうしても「三億円事件」の事が脳裏に浮
かんでしまう。

陰謀説では無いが、誰も傷つかず、誰も損失を出さなくて当時
大事件だったのにも関わらず、捜査のトップは何故か所轄の捜
査部長か誰かで、結局お宮入りした〜その、数年後に発覚した
「ロッキード事件」というのがあるが、それ用の裏金だったのでは
ないか?などと、トンデモ説もある。自衛隊機導入に絡んでの
米国陰謀説など〜福岡市のみずほで降ろされた巨額金は手の
込んだマネーロンダリングかな?とニュースの一報を見て思って
しまった僕。それから、どうなったんだろうなあ?異世界の事だか
らどうでもいいけど・・・











「アップルパイがあるから近場の温泉で良いんじゃない?」どう
もアップルパイが気になってしょうがないらしい〜で、隣町の
たまに行く温泉に入る事になった。午後3時くらいだったので
貸し切り状態だったが、いつもは気にも留めない入浴の注意
事項のポスターに目が行った・・・

「ブルータスお前もか!」何故かこんな戯曲の台詞を思い出
して、笑いそうになった♪当時?の衣装でローマのギリシャ
人かいな!無表情で、じいちゃんだけが驚いているという構図。
全国温泉業組合?かどこかから貰えるのかなあ?

帰宅して家人は夕寝。僕はアップルパイ食べながら「探偵物語」
見ていたら、そういう僕もテッペン前に眠ってしまっていた…









翌日も僕は休みだったが、朝の5時前に眼が覚めてしまって、
どうすりゃ良いんだよっ!状態。しょうがないなあ〜と作業
台の横に積みっぱなしのCD見ながら、整理する気にもならん
がなあ・・・あらっ?この音源のファイル作ってなかったっけ?
で、朝早くから音源抜いて動画サイトにUPしたり何していた
ら、偶然の偶然で・・・

あれ!どうして谷川俊太郎の所に来たんだ?20日に朗読会?
市民文化〜土曜日。そういえば5月の一回だけ貰える休日の
予定はまだ出してなかったよなあ。ドラッグ貰いに鹿児島市内
に行くんだが〜もうひとつ5月は支部の総会(10数人程度だけど
総会は総会だ♪)が日曜日で第何日曜だったかなあ?連絡して
みるかなあ。そういや年間予定表は送って来てたが、何処へ
行った?谷川さんも高齢だし〜息子?pfなの?へえ、俺より
ちょっと若いだけじゃん。まだ間があるし、全席自由だしなあと
そのまま、また眠ってしまった…







…月曜日に帰宅すると「闇金ウシジマ君」のDVD二枚と封書が届
いていた。5月は23日か、丁度良いなあ♪7月の霧島市っていうの
は、これは出席しないといけなさそうだなあ?土曜日に前入りし
て〜あー!まだちょい先だ。12月の「秀水園」は一度行ったかな
あ?あれは別で「秀水園」だったかな?歩いてすぐの砂蒸しにも
行ったよな。とにかく直近の土日だ。土曜日の夜は義姉ん家に泊
めてもらえば良いし♪

翌日、休憩時間にサイトにあった呼び屋さんへ電話してみたら
鹿児島市内だけしかチケット扱っていないという事でSMでアド
レス送りますので・・・という事だった。しかしだな、偶然と必然
は背中合わせで、一時も休まずいろんな事がチャック出来る訳
でも無いし、最低限の必要性だけだが。時に何かの悪戯で必然
が生まれたりする…「あんたさあ、谷川俊太郎のチケット取れ
たの?」<ああ、連絡ついたから飯喰ったら、必要事項メール
して、代金は今日中に送金しますからと言ったし>「ふ〜ん、
ローソンチケットとかないのね」<あれも手数料取られるだろ
うからなあ、よく知らないけど…>

送り先の住所氏名と昼間のお礼のメールしたら、返事が来たの
で、送金済ませ、00:00に送金しました。よろしくお願いします
とメールを返した。国分絡みで早寝早起きしていないとこうい
う事にもなってなかったよなあ、きっと♪

我、故郷へ帰る〜串木野、長崎鼻公園。

  • 2017.05.05 Friday
  • 23:55

JUGEMテーマ:お出かけ





急な用事とかがないと車でわずか1時間30分もあれば到着する
故郷に帰ることはなかなか無い。越して来る前の土地からも
所要時間は、ほぼ変わらなかったが、こっちも同じでなかな
か帰る機会は少なかった。子供が成長すればするほど頻度は
低くなる。そういうもんかもしれないなあ・・・

大正時代に原敬暗殺ニュースよりも新聞紙面を割いた事件が
ある。昔からゴシップ記事?というのは日本人の性質に合っ
ているのかもしれない(笑)しかし、当時の今上天皇である
大正天皇の従妹のゴシップが現在の芸能週刊誌並みに紙上を
賑わすって言うのも、それから近々に拡大していく日本国家
の形は様々だが「海外進出」の情報隠し?だったのかもしれ
ない。







本名宮崎子。柳原白蓮に関しては、東洋英和からが舞台に
なった女学生達のドラマとか、いろいろと情報は多いのだが
とにかく彼女は1957年(昭和32年)この場所に立って歌を詠
んだ。串木野の婦人会招請の講演会の後、長男の戦死地
で〜「右も海 左も海の 色蒼く 沖の小島に 想ひは ふかし」
昭和50年頃に建てられた歌碑なので、没後何年とか何か関連
していたんだろうと思うけど・・・

子供の頃と比べると目線の違いなのか、自然の力なのかどう
も岩棚が侵食されている感じがする。荒々しさが瘦せ細って
きた感じだが、変わらないのは潮の香だけかもしれない・・・
どれ、車を移動させて公園の方へ行ってみるかと数人の釣り
人を横目にエンジンをかけた。







入口から松林を通って、僕らが呼んでいた、通称「眼鏡橋」の
方へ歩いて行った。やっぱり満潮から干潮へとタイミングが変
わる時間帯なんだなあと、岩場の風景と波の動きと音を聞いて
いるとそう感じる。

干潮時と満潮時の風景は記憶に風景として刻み込まれているの
で間違う事も無いだろうと思うが、防波堤がこんなに出来ちゃ
あなあ〜自然の景色は歴史の中で変わって行けば良いと思うの
だが、おかげで潮の流れが変わってしまって、海が汚れたまん
まで、海底が見えない〜20歳の頃は海底の底の岩と砂まで見え
たけどなあ・・・





白蓮の歌碑のある場所が先端なら、そこから松林の散歩道を
歩いて来てもこの場所にでる。夏場はアブラゼミの音の豪雨
だったが、現在はどうか知らない。ヨーロッパのある港町で
は、海水温の上昇とかの関連で漁港の意味を成さなくなった
ので、かもめ達は町の住居に巣を作り人間の廃棄した食べ残
しで生活を営んだりしている。

ハーバーライトにカモメは二度と浮かぶことは無い。歌詞が
時代の流れを映し出すこともある。「眼鏡橋」の由来の空洞
は狭いところは50cmほどの細い岩の橋で未だ繋がっている。
20歳頃までは夏休みに帰省する機会があれば、まだここから
飛び込んでいた。干潮時はさすがに空中の時間帯が長かった。
なかなか水中まで落ちない。水中に入ったら速度が落ちてか
ら手の平を広げないといけない。早すぎれば急激な体の反転
で腰をやられる。それなりに自然の力にまかす・・・







今、ここで頭から飛び込めと言われても出来ない。感覚を忘
れてしまったので途中で身体の向きがおかしくなって背中か
ら落ちるかもしれない…小さい頃そういう子もいたしなあ。
足から落ちろ!と言われても、どうしようもない選択肢の中
のひとつでないと、やらんわなあ(笑)若者達が数人いたの
で少し話をしてみた・・・

おばあちゃんに会いに来たという事だった。中の一人の青年
が小学生の時にプールで泳いで滑り台もすべった記憶がある
けど、今も夏はプールやってるのかなあ?とか喋っていた。
僕もわからない…言葉尻と服装から九州内の町から来たん
だろうなあという事くらいしか感じられなかった。じゃあね…と
言って実家の方へ車を出した。卒業した高校も周りに民家が
いっぱい出来てしまって校舎の姿も車の中からは完全に見え
ないし、現在は各学年が2クラスくらいみたいで通う生徒数も
激減している。県内の普通科と私学への流れと少子化が主な
原因なんだろうなあ。

我、故郷へ帰る〜新旧、港の風景はそこに。

  • 2017.05.03 Wednesday
  • 22:31

JUGEMテーマ:お出かけ





今日は水曜日〜さすがに僕にとっては、仕事を済ませてすぐの
強行突破の二日間だったので、少し、ぐた〜っときました(笑)

さてさて、話の続きをば・・・













串木野まぐろフェステバルがある会場はいつ埋め立てられたの
か記憶が無い。知らない間に五反田川に橋がかかり、そちらの
砂浜だった場所も埋め立てられて、企業誘致の場所になったり
甑島航路の港も兼ねたりして、ついでに石油備蓄基地も出来た
りして、もはや地元民ではない有り様になってしまいました。

会場の湾側の隙間から奥の高い堤防の方へ行ってみるかなあ
と歩き出して、げっ!昔の堤防よりは高いよなと感心していた
ら梯子があったので、おそるおそる上ってみました。辺りに誰
もいないので落ちて脳味噌かち割っても夜があけちまうかもな
あなどと思いながら(笑)急な梯子で高さもあるし・・・

やっと頂上。というか、そこから顔を出してみたら丁度満潮か
ら引き潮に変わる時間帯でした。それはそれ、幼少期からの感
と先端が残っている通称「平瀬」の岩の残り具合と波の感じで
何となくわかった程度です。川に橋が架かりましたが干潮時に
は子供の膝までしか水位が下がるので歩いて向こう岸まで渡れ
ました。その砂浜には葉っぱの化石が残っている薄くてすぐ取
れる岩盤があったり、渡り蟹の子供も魚をくっつけた竹竿で獲
れました…





ゆっくりと階段を下りて、会場から車を出して昔の港の方へ…
ここも小学校の低学年までは一部は砂浜でちゃんとしたコンク
リートの港になる途中で波が寄って満潮時になるまでに浜砂で
いろんなものを作り上げて、押し寄せてくる波で砂の城がくず
れるのを見ながら「ムー大陸ってこうやって沈んだんだなあ〜」

ムー大陸ごっこは割と面白かった。砂の祭典?を50年程前から
やっていたんですねえ♪人間やる事一緒じゃん(笑)手前の白
灯台の昔の防波堤…こりゃ、一段上を取っ払ってあるよなあ〜
台風が近づくと港のここへ来る。ある間隔で波が防波堤を越え
て、ばしゃ〜っと大量の海水が落ちてくる。今はてっぺんだが
ここが中間地点でタイミングを見計らって走り出して自分の後
ろで波が砕ける音を聞きながら走り抜ける遊びをしていました。

とろい子はずぶ濡れか、ひどい子は波に押されて落ちそうにな
ったりと〜そろそろ危ないなと感じたら、みな家に帰って行き
ました。天気予報など無いし、何を頼りにしていたのやら。防
波堤の向こう側は当然コンクリートの土地がまぐろフェスティ
バルの会場までつながっています。





さてと今から製氷所から岡下造船所を通って長崎鼻に行こう
かなあ。長く潮風に当たってないからなあ。山合いの風には
身体が慣れるのに相当時間がかかりそうだしと思いながら車
を出したら、きれいになった恵比寿神社があった・・・

七福神の一柱で、例の釣り竿で鯛を釣ってる神様だが、唯一
の日本古来の神様だ。あとの六柱はヒンドゥーの神の変化形
とか、道教の道士などの変化形で、元々、漁業の神様なので
六月灯は常にここだった。「えべっさあに納むったっで、しっ
かい書かんとほら」と言われても漫画のキャラクター書いた
りとそんなもんで、七夕の笹は期間終了後、毎年、五反田川
に流しに行った記憶があるが、燈篭はどうしたか知らない…
鹿児島県(島津藩絡み)の行事なので他県(旧他県)には存
在しない。藩主が始まりなので夏の風物詩ではあるが歴史
的?には確固たる地位は持たない。

阿呆な事を考えるのはよして、本当に最後がいつだったか忘
れたが、多分、娘が幼稚園時分が最後だったかなあ?と階段
を階段を上って短手を打った・・・

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM