スポンサーサイト

  • 2017.08.06 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク

ぶらっとしタモリましたの、土・日〜

  • 2016.03.03 Thursday
  • 02:19
JUGEMテーマ:音楽



火曜日頃だったかSMS〜通話番号のやつってブッブ〜なんだよなあ。
FNNの号外もブッブ〜の音だけだし、これ確か設定音は選択出来な
いいんだよな。家人とケーカーも色も一緒のスマホ(台湾メーカー)
なので、最近はブッブ〜が来たとかお互い言ってるし。たいしたニ
ュースは無いがほとんどこれで足りるなあ。ニュースペーパーも要
らないし、地方放送も見ないし、だんだんと蛍光灯焼けがきつくな
るのあなあ(笑)

ブッブ〜の主は堀だった「土曜日、○○でライブあります。1000円
です♪」そうか…で<OK。了解>と打って返しておいた。時間もバ
イト終わって腹ごしらえして、丁度良い按配だ。家人に「土曜日に
堀君のライブがあるが行くか?」とい訊いたら行くという。翌日は
村の史跡なんと9か?歩きに参加申し込みをしてある。

<何ていうとこ?>「○○って書いてあったから…え〜っと、ここ
だな」と場所を検索。町の中か・・・翌日くらいに温泉で西君と丁
度会ったので「あのさあ、車どこに停めるの?」<その辺で良いで
すよ。公園か空きビルになったコンビニの駐車場で…。「じゃあ〜」





僕もなかなかライブとか行かないが家人もあまり行かない。休みのタ
イミングやらいろいろで…え〜っと二人で出かけたのはピーターが取
ってくれた、チケット二枚で文化センターの太田裕美、正やん、大野
くらいだなあ最近は…去年の秋口だったか春の終わり頃だったか記憶
が無い。「太田裕美か。行こうかなあ。正やんと大野はおまけで…」

…さて定刻前に店の前に着いた。こういうお店ってライトが綺麗だよ
なあ。夜だからなあ〜とか馬鹿な事を考え、当然、初めて来たところ
だけど、ドアを開けて〜<あのさあ、お金とかいつ払うの?どこに座
るのよっ!>「適当にそのへん見て空いてる椅子に座れば良いんだよ
お金は、下さいって言われたら出せば良いだろ?…あれっ?長い髪っ
て、シスターじゃないか?だよなあ。後姿だけど・・・

「こんばんは…久しぶりで〜」<あらっ!元気だった?>「お互い身も
心もボロボロという事で(笑)」<だよねえ〜ほんと、さあ。今さあポ
ンタさんさあ、佐山さんいないけどBOXでミーのツアー回ってるよ。数
年前のアル中の時より全然良いし。あっ、ミーねえジャズ唄ってる。そ
れとこの娘、今度キャパルボで…」唄良いよ>「fbのフライヤーの写真
見た娘だ…そんで東京とか行った時、孝とか会う?」<ああ美容院の…
あの子最近いろいろ叩いてるんじゃないの?大久保さんが教え子が僕を
超えてくれるから嬉しいとか言ってた>「へえ〜どれ、じゃあどっか座
る…」<じゃ、また後で〜>









まあ、写真の順番どおりこんな感じで堀君を入れると5組。西君やらが
いたので挨拶して…「西村さんも福元さん呼んで演れば良いのに」って
以前から言ってくれるが「だって遠いよ〜俺もさあシンドイしさあ〜」
って何の解答にもなっていない。気が向かんとなあ〜何のこっちゃ(笑)
だいぶ年配のおばちゃんのギターの弾き語りか…拓郎?へえ〜割と良い
なあ・・・演奏というか河床というか「歌」の良し悪しは肌に刺さる…
それだけだ。どんなに上手くても何も刺さらない人もいる。ぶきっちょ
だが突き刺さる人もいる。何がどう違うのかはわからん・・・

「山崎ハコの歌唄います〜」って高峰ギターの弾き語りのおばちゃん。
などと失礼な事を言ったらいけない。僕と同じ世代の御夫人だ〜懐か
しい歌だな…10代の彼女のデビューアルバムに入っている。「望郷」
とか…おばちゃんも「当時山崎ハコのファンとか言ったら暗い!とか
言われたので、表は拓郎ファンで通して裏でハコさんを聴く学生時代
で、最近、やっと暇が出来てまた唄うようになりました」オリジナル
曲のスリーフィンガー〜最近の子って弾けるのか弾けないのか…そう
いや大分昔だがみやいが「西村さんスリーフィンガーさあ〜」でちょ
こっと話をした事があった…これってほんと世代で無いと溜めの無空
間が弾けないんだよなあ。ヘッドフォンで何百曲聴いたやら…この時
代の丁寧なサウンド作りや、リズム感が身に沁み込んで抜けんわ(笑)
この「サヨナラの鐘」もそのひとつです。山崎?暗い?普通だがな…
御婦人が歌った内の1曲がこの曲だった。懐かしかったなあ・・・





山崎ハコは生まれつきの疾病持ちで、彼女のカヴァー曲のCDも二枚あ
る。だいぶ前、みながカヴァーアルバムとか出さない頃の話で昭和の
作品をほんと自分の声とリズム感で唄っている「十八番(おはこ)」
っていうアルバムタイトル…そういや歌舞伎十八番って何だ?俺は
何も知らんあい「勧進帳」くらいか?歌舞伎から派生したファッショ
ンやら物語、映画も多いしなあ…新撰組の制服は赤穂の討ち入り武士
の色違いだが、映像の無い時代、その様相を広めたのは歌舞伎の舞台
だったのかもなあ。なんだよ、話が飛んだ…

最後の堀。堀君は毎度の事でどうでも良いわ(笑)あれっ?マーチン
持ってたっけ?誰が何のギター使ってるやら、頭の中がごちゃごちゃ
だ。さて、帰るか…シスターに「じゃあ、また〜」<あらっ?ちょっ
と待って、堀は?ちょっ。ちょっ>手を引かれて堀君の所へ…「堀〜
あんた西村さんに挨拶した?せっかく来てくれたのに!」…おいおい
なんじゃそりゃ?酔っ払いか!?俺はなんぼの者じゃないし(笑)
シスターの店にも一度行ったきりでだし、ピーターとか伝兵衛さんと
か知り合いにならなければ会ってない女性だ。外で少し立ち話して別
れた・・・

バイトの昼休みに偶然フルフイルムの「蘇る金狼」のいチューブを見
つけたので見た…ふ〜ん、こんなんだったよなあ〜が、今観ると話が
チグハグだが当時は画期的?だったなあ。映画の主題挿入歌も良かっ
たがヴォーカルの彼女だいぶ前に亡くなった…後年「越冬つばめ」と
いう演歌?が出たが、和音を一箇所変えただけで構成が丸っきり一緒
だった(笑)今でもゴチャになる。混ぜて唄っても違和感ない・・・

スポンサーサイト

  • 2017.08.06 Sunday
  • 02:19
  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク
コメント
コメントする
この記事のトラックバックURL

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM