スポンサーサイト

  • 2017.08.06 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク

タイムマシンは空を飛ぶ〜

  • 2016.10.08 Saturday
  • 21:35

JUGEMテーマ:同窓会





:こんにちは。ガラケーだからフェイスブックなかなかうまくみれない
です。娘がきたときやってもらいますね。ハガキ出しましたか?それ
と〇〇〇〇ってトンと呼ばれてたよ色白のちょっとヤンキーぽい人
だったかなぁ〜:

…ああっ、トン子とか呼ばれてた娘か。顔写真と氏名が全然一
致しなくてさ…一言も喋った事なかったのかもなあFacebook絡
みで、迫田からメッセージが来たよ。今、仕事の休憩時間なの♪
他の娘は顔と氏名は一致したけど〜数年前のクラス会で会った
娘もわかったし。〇〇さんには「いつから大玉になったんだ?」
と思わず言ってしまったしな(笑)〇田〇子からは「西村君、私
誰かわかる?」って訊かれて「〇田さん」て返事できたけどな…

:やはり同級生は良いですよね。私も7月の同窓会や平川君の店
で色々な名前が出てワクワクしました。今からでもハガキ出して
行こうよ。お互い離れた処にいるから、還暦の記念に参加して昔
に帰って愉しみたいね?どうですか?:

…あのね葉書どっかやったと思ったら机の上にあったの。あんた
が言うなら、行かんとしょうがないわ(笑)出席して多数のじじい
や、ばばあの顔も見ないといかんだろうしなあ。妹からは「兄ち
ゃん出なさいよ!せっかくなんだから!」って説教されるし…

…ガラケーでもブログは見れるかも。しかしだな2005年から書い
てるって、ヒマジンか!!って話だ。でも、これで若竹が引っかか
って、たまに川上町の家に寄ったりするよ。DVDの編集とか番組
の録音頼んだりして、いろいろ世話になってるよ…





・・・家人が「若竹さんも同級生なの?」<そうだよ〜>「えっ!?
孝兄ちゃんって呼ぶから後輩かと思ってた」<…なるほどなあ〜
仇名って思えば良いよ。忍の兄ちゃんだって<孝兄ちゃん>って
呼ぶんだぞ。修兄ちゃんは俺より2歳上だったかな?そういえば
中〇ちゃんも<孝兄ちゃん>って呼ぶな。同級生なのに…こない
だ東京にいるとか話出てたけど、40年くらい会ってないなあ〜>

「地元の人、係り大変なんだから出なさいよっ!」<中〇ちゃん
〇〇〇の売人とかやってないよな?東京で会ってる時、孝兄ちゃ
ん、風邪が一発で治るよ!とか言ってたけどなあ>「何それっ?」
<何って、今、どうしてるか知らないし。じじいにばばあの集団。
還暦祝いとか、俺関係ないから、長期間間が空いた同窓会だ…>

今回、ちょこっと捜し物してたらアルバムの中にいろいろと写真が
あったので時系列?で並べてあります。ったく、何のこっちゃ(笑)
しかし、僕らの世代の10代後半って、やっぱり何故かおじんくさい
よなあ。老成化?してんな…激動?の60年代後半から70年代だも
んなあ・・・ったく、月面に宇宙船が不時着して逆噴火して地球の
大気圏の何千℃という摩擦熱とスピードに耐えて太平洋に不時着
するか?50年も前だぞ…NASAから送って貰った月の石を調査した
東大の教授が「これは違う」って、論文発表したら行方不明になっ
た話は有名だけど…





数年くらい前にNASAが当時のアポロの着陸地点とその上空は
飛行禁止って発表したし。また、行ったら良いだろうになあ?まあ
事実と都市伝説ですが・・・「「カプリコン・1」って映画も面白かっ
たなあ。それと「ポセイドン・アドベンチャー」とか主題歌も良かっ
たしなあ…

1990年。娘がまだ幼稚園児の頃の写真と、2004年の夏?会社辞
めた翌年のPC何たら実務科の写真。定員20名で職安の人が「西村
さん、これ受けたら?受給期間が約一か月伸びるよ」<でも落ちた
ら、どうするの?>「えっ〜と、裏技でね。数日バイトしてね…次に
これ受けたら良い」20名じゃなあ落ちるわ。と、サングラスに短パン
で受験した…あとで「西村さんさあ、あの日〇〇ちゃんと何でヤクザ
みたいな人が受験に来てるのよ!どうせ落ちるのにさあ。って話
してたの…良い人で良かった♪」だってよっ!!人を見かけで判断
したら、いけませんです。ハイ(笑)





次は40代後半、相方が言った「西村さんCD作らないと〜」から<何
入れたら良いかなあ?何曲?>「4曲くらいで…作業に時間がかか
るから」<そう。じゃあ4曲ね…決めとくから>で…出来上がったCD
を、高校時に音楽やってた地元の後輩に送ったら、まぐろフェステ
ィバルに出て!長く帰ってないでしょ?ということで相方と一日…
「孝兄ちゃん、今夜泊まって明日もすれば良かが。譜面はあたいが
持ってくっで…」の当日の演奏風景。誰が撮ってくれたのかなあ?
で、現在がこれで・・・おうおう、何がどう変わったかのか(笑)

机の奥深くにあった写真の他にノートが出てきた。会社員になって
からの、日記というか雑記帳みたいだった…記憶がないが書いてた
んだろうなあ。しかも細かい文字でびっしりと、日付は記入してあ
あるが、細かくて読めん(笑)しかも当然手書きで400字詰めだった
ら5枚くらいの勘定の日もある。村上春樹の二作目「1973年のピン
ボール」が発売されたので買って読んだ。中島みゆきの、新しいLP
「臨月」買ったとか…当然、私感も織り込んである。よっぽど暇だ
ったのか、分厚い翻訳物小説みたいで、段落やらに区別がないし、
テーマ転換までに詰まりっぱなし〜で、数年前からピーター経由で
ブログが読みにくいという話がきてやっと段落だけは区切るように
した。どうも70年代の詰めまくった作品群を読んだビジュアルの印
象がそのまま残ってる…うっかりすると行を飛ばしてたしなあ(笑)



その他に「林檎亭」に夜、行って珈琲飲んだとか〜「林檎亭」って
何だっけ?と記憶をたどると川内駅前の近くの小さなビルの2Fにあ
った喫茶店だった。通勤のディーゼル機関車で知り合った娘が夜は
そこでねえ、バイトしてるって…現在の日置市?にある児童福祉施
設?で勤務してたなあ〜親と不仲で家出ばかりしてるとか、親戚に
預けられたけど折り合いが悪くて、とか記憶が薄いがそういう子達
が生活している施設で、現実と実情の話をよく聞いていた。最初に
座席の向かい側に彼女が座って西駅に到着前に「すいません。今、
何時ですか?」が知り合いになるきっかけだったが麻雀した翌日と
かで、ぼ〜っとしていた僕は腕時計を見ながら<なんで今時刻が必
要なんだよ。時計してるけどなあ?止まってんだろなあ>と(笑)

当然こうして日本語で表記しているが、話し言葉としての「標準語」
書き言葉の表記の統一が始まったのが明治後期で「尋常小学校書」
などで、全国の日本語の発声、表記の統一が始まった。森有礼など
は「漢字があれば読みづらい。全てを、ひらがな表記で」とか、余計
読みづらいだろうが(笑)しまいには、ローマ字表記でとか〜モデル
になったのは東京の山の手に住む会社員とか公務員の家庭の会話
とか単語だった「おかあさん」「おとうさん」もほんの一地域の言葉だ
った。江戸弁は「し」と「ひ」の表記。東北地方等の訛りと文字化・・・

一番効果的だったのは「文部省唱歌」。音楽的感覚教育というより
日本国内での、共通の発声、発音に効果を発揮した。あとは児童
文学とか…母、兄、姉、が読んで聞かせて、やっと<日本語統一>
が始まった時代だった。新しい政府が発足した時点で旧幕府藩が大
小合わせりゃ、200くらいで、その数だけ「お国言葉」があったわけで
全国から人が集まって来る東京は他の政府事業と共にまず言語統一
という課題があったんだなあ…某VTRで見たことをそのまんま(笑)

スポンサーサイト

  • 2017.08.06 Sunday
  • 21:35
  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク
コメント
コメントする
この記事のトラックバックURL

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM