スポンサーサイト

  • 2017.08.06 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク

ブラタカ ma go〜蒲生、八幡神社…

  • 2017.01.11 Wednesday
  • 18:12

JUGEMテーマ:お出かけ





実家へ霧島市から帰省する時に蒲生の道を通り鳥居
を見て、日本一の大クスかあ?楠木ってどんな木なん
だ?って、ただそれくらいしか思っていなかったので
30年間に幾度となく通ったが参拝した事もなかった。

娘たちが行かないんだったら、きっと行ってないかも
しれない(笑)飛行機の出発時間までだいぶ余裕もあ
って、「小さいけど武家屋敷群とか古民家カフェとか
あるみたい」と娘が言うので<そこも行けるんじゃな
いか?>これまた何も知らない・・・

「え〜っと、この道をまっすぐ…あれっ?ひとつ内側
だったか?鳥居も見えないし。そこ左折しようっと>
で偶然、神社の裏道からの駐車場に着いてしまった。





はっ?なんか建物が綺麗なんだなあ。と社殿の方へ向
かったけど、ここは何神社の系統なんだ?とそこいら
の看板見ると「八幡」の文字があったので「八幡神社」
か…これまた全国にあるよなあ。実在の何とか天皇を
祀ってあるので、古代の人物だが現人神神社だなあ〜
照国神社やらと一緒で、日本神話の神々は祀っていな
いが、神社内にいくつも祀ってあったりするからなあ…

八幡神宮の造りは琉球文化の影響を受けているのでそ
れらしき湾曲やら、色合いなどが建物にある。屋根に
千木は無い。どうしても千木がないと僕には雰囲気不
足だが、それはそれで、とにかく初詣も何年もしてな
いからなあと〜久しぶりに柏手を・・・





これが大きな楠木なんだなあ。樹齢ってどれくらいな
んだろう。どこかに説明の立看とかあったが見なかっ
た。行きはすぐに正面に向かったので裏手の千木があ
る神社には気づかなかった…不思議な事に西洋と東洋
に<十字>がある。ヒトラーが影響を受けたチベット
仏教の研究家からナチス党のマークは鍵十字になった
そうだが、本人も党員もチベットに行ってるので案外
真実かもしれない・・・

ヨーロッパには古くから、様々な形の十字架文様?と
いうかデザインがある。ある説ではユダヤ教と神道の
行事などの道具が酷似しているので、ユダヤ十支族が
日本人であるとか、千木はクロスさせた木で<十字>
ついでに鳥居も十字を二つ重ねた物(柱が三本やら四
本の鳥居も実際あるので)であるとか〜うーんネタは
尽きないが、不思議な事にチベット関連の仏教も十字
がある。地図の寺院のマークがそれで、ナチス党のや
つは、鍵十字で、もうだいぶ前だが日本少林寺拳法
卍もマークがナチを連想させるのですべてが消えた…

言う方も言う方で、ヨーロッパのトロイの遺跡からも
似たようなマークが出土している。各国の軍機のマー
クにも卍は使用された。ついでに幕藩時代には一部の
藩の家紋に使用された。西洋共々で古来から幸運のシ
ンボルだったみたいだが、どこでどう繋がっているの
か不思議だ。







参拝を済ませ近くにあるはずの武家屋敷群がある方向
へ車を出したら、すぐ近くに資料館兼お土産屋さんが
あったので、そこの駐車場に入れた。武家屋敷跡の通
りはすぐ目の前だったので、店内を見ることにした〜
す〜っと店内を見て、司馬遼太郎が歩いた蒲生群…っ
て、「街道を行く」ってシリーズ本があったから九州編で
著わして、実際にいろんな所を歩いたんだろうなあ・・・

はっ!?磨崖梵字群?千数百の文字が彫られている
っって、俺、知らんし(笑)どこだったか車の中から崖に
梵字の一文字が大きく彫ってあるのを見た記憶がある
けれど、不動明王だったような・・・有名だからな。
ここは見とかんといかんだろ。えっと地図でいえば帰る
途中にあるし。

家人は帖佐人形を見て「あら、割と高価なのね。おじさ
んから昔貰ったけど」とか言ってるし…<加治木の伯父
さんからか?龍門司焼もあるぞ>こじんまりとしたお店
だったけど、最近かなあ?綺麗だし・・・





車はそこに停めたまま、徒歩ですぐの娘が言うには「知
覧より小規模ですが、武家屋敷跡があります。だって」

<知覧はだいぶ昔に搬入で何度か通ったけど、屋敷群の
入口かなあ?石灯籠とか用水路が整地されて造られてて
萩の町みたいだったがなあ。萩まで日本海沿いを汽車で
行ったのは20歳くらいだったかなあ?萩城に行って…真
冬だったから観光客いなくて寒かったなあ。重いのにラ
ジカセとギターケース抱えてなあ。冬休みの帰省時だっ
たなあ。よせばいいのに鈍行で…一応、日本海見とこう
と思って>「えっ?すんごい時間かかったんじゃない?」
<ああ…二度とするまいと思ったし(笑)>

一通り歩いて、家屋を囲むように石壁があって、全国ど
こでも町の一角は城下町だったので、何かしらの痕跡が
ある。国分にも、ほんの一・二か所だが、ここいらが昔
の武家の住まいだった場所かと思ったり・・・そこの一軒
が、カフェ・レストランで早速入ることにした・・・

スポンサーサイト

  • 2017.08.06 Sunday
  • 18:12
  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク
コメント
>wakatake
そういえば、隣に一軒空き家があったけど。
ほんの偶然で行ったんだけど、奇遇だねえ♪♪
  • takayuki
  • 2017/01/18 12:34 AM
>wakatake
そういえば、隣に一軒空き家があったけど。
ほんの偶然で行ったんだけど、奇遇だねえ♪♪
  • takayuki
  • 2017/01/17 9:46 PM
現在地に住むまでそのカフェの隣の古民家に住んでいたよ。正月に訪れたらそのまま時が止まっていて懐かしかった。
  • wakatake
  • 2017/01/17 3:53 PM
コメントする
この記事のトラックバックURL

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM